卒業生・在校生からのメッセージ

卒業生

私の人生を変え、成長させてくれた3年間。

田端美咲さん写真

( 9期生・2015年3月卒 )

入学当初、私は看護師という職業の大変さをあまり認識していませんでした。中学、高校と歩んできた学校生活とは大きく異なり、予想以上にハードな毎日。しかしその反面、私自身を成長させてくれた貴重な3 年間でもありました。
日々の実習は自分との戦いでしたが、一方でたくさんの患者様と出会い、温かさに触れ、こうして今看護師として働くことができています。
卒業した今でも“三重看に入学して良かった” と心の底から思えますし、これから入学を考えている方にも素敵な学校だと広めていきたい…そんな自慢の学校です。

卒業しても、また帰ってきたい!

矢越梨央さん写真

( 10期生・2016年3月卒 )

学生時代に一番心に残ったことは、国家試験前の壮行会です。
後輩や先生方の心強い応援があり、国試をあきらめず乗り越えられたと思います。
先生につけていただいた合格ハチマキと、みんなで叫んだ「がんばるぞー!」という言葉が、今も心の中に残っています。
看護師になる道はとても大変なことばかりで、たくさん勉強もしなければいけないけど、この学校には、生徒思いの素晴らしい先生方や、温かい仲間たちがいます。
卒業してもまた帰ってきたいと思える、素晴らしい学校です。
ぜひ三重看でがんばって看護師を目ざしてほしいと思います。

勉強、実習、年間行事…充実した学生生活。

矢越梨央さん写真

( 10期生・2016年3月卒 )

看護実習では、不安や緊張などでなかなか患者さんと関わることができずに落ち込むこともありました。しかしこのままではダメだと思い、次の日から積極的に患者さんと関わりを持ちました。そして実習最後の日に「あなたとどんどん仲良くなれてうれしかった」という言葉をいただいて…すごく感動してうれしかったことを今でも覚えています。
3年間での一番の思い出は、文化祭です(笑) クラスのみんなで劇をしたのですが、その準備や練習が楽しくて…日々の勉強や実習のことを忘れて思いっきり楽しむことができました。三重看は年間行事がたくさんあり、私の学生生活もとても充実していたと思います。

在校生

勉強は大変、でも学生生活は楽しい!

在校生写真

入学前は内科のクリニックで診療補助として勤務していましたが、医療資格もなく、専門的知識に乏しかったため、無力感を感じることもあって…一念発起して入学を決意。三重看は津地区医師会などの奨学金制度が整っているので、3年間安心して学べること、また校舎自体が新しく設備が充実しているところも、新しいスタートを切る私にとって魅力的に感じました。看護は一生勉強してゆくもの。この学校生活でしっかり基礎を習得していきたいです。

学校全体の雰囲気がとても良いですよ

在校生写真

高校生の時に三重看は「すごく熱心で良い学校」と聞いて気になっていました。入学を決意したのは、オープンキャンパスに来た時。先生や在校生の話を聞くうちに「この学校で勉強したい」という気持ちがさらに強くなりました。三重看は、友達、先輩、後輩、先生方、学校全体の雰囲気がとても良く、あたたかい学校です。入学以来、様々な出会いがあり、ここに来て本当に良かったなと思っています。

友だちがいるから、毎日がんばれる

在校生写真

クラスのみんなが仲が良いので、どの子と一緒にいても楽しく、みんな優しいです。毎日勉強に実習にと、想像以上に大変なことが多いですが、その気持ちは誰もが同じ。クラス全員が一緒に同じ夢を目指していると思うと、みんなで頑張ろうと思えます。受験を迷っている方は、オープンキャンパスなどを通してぜひ一度見学に来てください。