教育内容

三重看護専門学校のカリキュラムは、5つの分野で構成されています。

基礎分野

科学的・論理的に考える力を養うこと、また、看護の対象である人間と生活、社会の理解を深めることを目的に学びます。

科学的思考の基盤 情報科学・生物学・論理学・心理学・英語・価値の構成論
人間と生活・社会の理解 和顔愛語論・社会学・芸術・コミュニケーション論・人間関係論・国語表現

専門基礎分野

人のからだのしくみと働き、病気の成り立ちや回復に向けた治療、健康や障害の状態に応じた支援・社会のしくみについて学びます。

人体の構造と機能 解剖生理学I・II・III・IV・生化学
疾病の成り立ちと回復の促進 疾病論I・II・III・IV・V・VI・VII・治療論I・II・III
健康支援と社会保障制度 健康教育論・公衆衛生学・社会福祉学・看護と関係法規

専門分野 I

基礎看護学

目的
看護学全体の主要概念を理解し、科学的根拠に基づいた各看護学に共通する看護行為の基礎となる知識・技術・態度を学び、看護専門職としてのアイデンティティを形成していく基礎的能力を養います。
1年前期 看護学概論・看護学方法論I(共通する技術)・II(安全と安楽)・IV・V(日常生活の援助技術(1)・(2))
1年後期 看護学方法論VI(診察・検査)・VIII(健康障害の援助技術)
基礎看護学実習I
1週間の病院実習です。
2年 看護学方法論III(フィジカルアセスメント)・VII(治療・処置)・看護過程
基礎看護学実習II
3週間の病院実習です。
3年 看護研究

専門分野 Ⅱ

成人・老年・小児・母性・精神の5領域の看護について学び、臨地実習では、個々の対象に応じた看護実践の展開を学びます。

成人看護学

目的
成人期にある対象を理解し、健康の保持・増進および健康障害時における看護を習得します。
1年後期 成人看護学概論
2年 成人看護学方法論I・成人看護学方法論Ⅱ・成人看護学方法論Ⅲ・成人看護学方法論Ⅳ・成人看護学方法論Ⅴ
2年後期~3年 成人看護学実習I・II・III(病院実習)

老年看護学

目的
老年期にある対象と家族及び支える人々を理解し、加齢と健康障害の程度に応じた看護に必要な知識・技術・態度を習得します。
1年後期 老年看護学概論
2年 老年看護学方法論I・老年看護学方法論Ⅱ
2年後期~3年 老年看護学実習I・II
病院や特別養護老人ホームで実習をします。

小児看護学

目的
小児の特徴を理解し、成長発達に応じた養護と健康障害をもつ小児とその家族に対する看護に必要な理論と援助方法を習得します。
1年後期 小児看護学概論
2年 小児看護学方法論I・小児看護学方法論Ⅱ・小児看護学方法論Ⅲ
3年 小児看護学実習
病院(小児病棟)および保育園で実習をします。

母性看護学

目的
母性の対象は、リプロダクティブヘルス/ライツの概念から母性の役割をひろくとらえ、女性と家族が健全なライフサイクルをおくるための看護について学ぶことをねらいとし、母性機能の発達・成長を促すための看護の理論と方法を習得します。
1年後期 母性看護学概論
2年 母性看護学方法論I・母性看護学方法論Ⅱ
3年 母性看護学実習
病院(産科病棟・外来)および保健センターで実習をします。

精神看護学

目的
人間の健康なこころを理解し、一般的な精神的健康の保持増進の援助と精神に障がいがある人への援助に必要な知識と技術を学習します。
1年前期 精神看護学概論
1年後期 精神看護学方法論I
2年 精神看護学方法論Ⅱ・精神看護学方法論Ⅲ
3年 精神看護学実習
病院および授産施設で実習をします。

統合分野

学習した知識・技術を統合し、看護実践能力の向上をめざします。

在宅看護論

目的
住み慣れた地域・家庭で生活しながら療養する人々、障がいを持ちながら生活する人々とその家族の思いを大切にし、それぞれの人々のQOLを高めるための看護を実践するために必要な知識・技術・態度を学びます。
1年後期 在宅看護概論
2年 在宅看護方法論I・在宅看護方法論Ⅱ
3年 在宅看護論実習
訪問看護ステーション、デイサービスセンター、地域包括支援センターで実習を行います。

看護の統合と実践

目的
看護倫理、医療安全、看護マネジメント、災害・国際看護の基礎的知識・能力を養います。既習の知識・技術を統合して、実践できる力を養うとともに将来の看護師として自己の課題を明らかにします。
2年 災害看護と国際看護
3年 看護医療安全・総合医療論・看護管理
看護の統合実習
学生として最後の病院実習を行います。